着物好きが育てたら、着物好きな娘になったので…

今度は着物好きの息子を育てようと企んでいます。娘に着物を着せたくて、独学で和裁を始めました。子どもの浴衣や着物のことや、着物でのお出かけなどについて書いていこうかなと思います。和裁についてはまったくの独学なので、おかしなところもあると思います。参考にされる場合はご承知くださいませ。

こどもの着物を作る 四つ身裁断図(並幅反物)

 

アンティークの有松絞りの反物で5歳むすめちゃんの秋ひとえ着物を作ります。

水通しをして、生地を巻き巻きしてみたら、何ともふっくらかわいい反物さんです。

f:id:tsupiccoro:20180729024251j:plain

f:id:tsupiccoro:20180729024312j:plain

絞りの反物って空気をはらんでふわっふわです~。美味しそう♪ じゃなかった着心地良さそう。

今回は生地の裁断と胸ひもづくりまで。

 

もくじ

 

ひとえ四つ身着物の標準寸法

ひとえの四つ身着物の標準寸法については、過去記事でまとめた一つ身&四つ身の標準寸法の表をご参照ください。

f:id:tsupiccoro:20180729022545p:plain

 

☟引用元の教科書はこちらです

出典1(絶版):

上手に縫える 着物の仕立て方

上手に縫える 着物の仕立て方

 

 

出典2:

 

☟標準寸法について考察した(ってほどでもないですが)過去記事はこちら

tsupiccoro.hatenablog.com

 

四つ身のこども浴衣の作り方は、Day1~Day14までのシリーズで投稿済みです。

あわせてご参照ください。

tsupiccoro.hatenablog.com

 

さて、5歳娘ちゃんの身長は110㎝程度です。

今回もだいたい出典2の5~6歳児用の寸法で縫っていきたいと思います。

 

裁断図(反物生地:5~6歳児向け四つ身)

リップル浴衣は110cmの広幅生地でしたが、今回は並幅36cmの反物です。

下が裁断図(つまみ衽裁ち)です。

f:id:tsupiccoro:20180729023518j:plain

身丈:120cm、袖丈:68cmを想定しています。

今回は生地が十分にあるし、薄手で柔らかいので長袖にしてみたいと思います♪

 

なお、この裁断方法だと裏衿が必要になります。

新モスの生地などご用意ください。 

私は、今回は、家にある生地で代用してみようかなと思います。在庫一掃せねば…

 

身頃と衿の裁断

上の裁断図では、左右の身頃が「わ」でつながった状態になっています。ここからまず、衿を切り取ります。

うっかり衿を半分に切らないようご注意ください(万が一切ってしまった場合は、接ぎが入りますが、共衿で隠せます…)。

 

(1) 左右の身頃を重ねたまま、衿の生地幅7.5cmの印をつけて生地を折り、2枚同時に切っていきます。しつこいですが、「わ」を切らないように気を付けてください。(衿はながーい生地が必要です)。

衿は後身頃からとりますが、11cmだけ前身頃からもとります。

f:id:tsupiccoro:20180729030238j:plain

f:id:tsupiccoro:20180729030257j:plain

定規の置いてあるところ(肩山から前身頃側に11cm)まで切る

 

(2) 左右の身頃を切り離す

f:id:tsupiccoro:20180729030503j:plain

 

肩当て布の裁断

今回は秋用ということで、肩当てをつけたいと思います。

ウールなど冬用の着物だったら肩当ては晒(さらし)にしたほうが温かいかなと思いますが、今回は秋用なので、共布を使用したいと思います。

肩当ての大きさは特に決まりはないと思いますが、このぐらいでいいかなと思います。

f:id:tsupiccoro:20180729030836j:plain

 

胸ひもを縫う

胸ひもの長さは80cm程度です。肩当てをとった余りの生地で胸ひもを作りたいと思いますが、都合により接ぎが入ることになりました。

 

(1) 生地を接ぐ

中表に2つの生地の布端を合わせてなるべく小針で縫います。縫い代を割ってアイロンんをかけます。

f:id:tsupiccoro:20180729031357j:plain

 

(2) 中表に半分に折って待ち針でとめてから縫う。

f:id:tsupiccoro:20180729031547j:plain

 

(3) 表返して、アイロンをかける。

 

四つ身浴衣の作り方は過去記事に記載済みなので、今回は、前回と違う点を中心に書いていきたいと思います!

★肩当ての付け方

★裏衿の付け方

★その他、過去記事の補足