着物好きが育てたら、着物好きな娘になったので…

今度は着物好きの息子を育てようと企んでいます。娘に着物を着せたくて、独学で和裁を始めました。子どもの浴衣や着物のことや、着物でのお出かけなどについて書いていこうかなと思います。和裁についてはまったくの独学なので、おかしなところもあると思います。参考にされる場合はご承知くださいませ。

こどもの浴衣(四つ身)を作る Day9

 

本日のメニュー

f:id:tsupiccoro:20180714222637j:plain

 

衿を裁断する

最初に生地を裁断したとき(こどもの浴衣を作る Day1)には、衿と共衿の分を一緒に12cm幅で切り取っただけでした。

ここで、衿の必要寸法をメジャーで測って裁断します。

(1) 褄下の糸印から、剣先、衿肩あき、背中心を通って、反対側の糸印まで、メジャーを使って衿付け寸法を測る。

(2) (1)で測った寸法+6cmの長さに衿を裁断する。

※残りが共衿分になります。

 

衿に折りぐせをつける

(1) 衿を半分に折って、背中心の位置を決める。

(2) 耳側に1cmの縫い代の折りぐせをつける。折りぐせがつきにくい生地の場合は、ヘラやフリクションペンで印をつける。

f:id:tsupiccoro:20180702223819j:plain

 

後身頃に衿つけの印をつける

下図(赤線)のように後身頃の裏側に衿付けの印をつけます。

f:id:tsupiccoro:20180702222901j:plain

f:id:tsupiccoro:20180702225734j:plain

 

 

衿をつける

右側の褄下の糸印のところから背中心を通って、反対側の糸印のところまで縫っていきます。

(1) 後身頃の背中心、背中心と右側の衿肩あきまでの間3分の2のところ、衿肩あき、剣先まで、着物と衿を中表に合わせて待ち針を打つ。さらに、衽の衿付けの印を見ながら、糸印のところまで待ち針を数本打つ。

※衿肩あきのカーブのあたりはちょっとだけゆるめに待ち針を打ってください。

※衽の衿付けの印は直線になっていますが、実際に待ち針でとめるときは、自然なカーブになるようにしてください。衿付けの印と少しずれます。

※左側の身頃まで一気に待ち針を打ってもいいのですが、結局ずれたりするので、私は右を縫ってから、左側を待ち針でとめて縫っています。

f:id:tsupiccoro:20180702225810j:plain

 

(2) 糸印のところから、衿の折りぐせ通りに縫っていく。縫い始めは、すくい止めと玉止めでしっかりとめて、2cmぐらい半返し縫いにする。

(3) 糸こきをしっかりしながら、剣先まで縫い、剣先で一針返し縫いをする。

(4) 剣先から衿肩あきまで縫う。

(5) 衿肩あきの周囲は、ごく細かい針目で縫う。

(6) 背中心の右2cmのところまでは、衿肩あきの布をなるべく広げるようにしながら、自然なカーブになるように縫う。

(7) 背中心まで縫ったら、左側も同様に待ち針をうって、縫っていく。

(8) 糸印の手前2cmは半返し縫いにし、最後はすくい止めと玉止めでしっかりとめる。

 

糸こきが重要です! 縫う距離が長いのと、ちょっと曲線に縫うのとで、縫い目がつれやすいのでご注意ください。

 

いよいよ衿がつきました!

f:id:tsupiccoro:20180702230301j:plain

 

衿をくける前に衿の中をいろいろと処理しないといけません。

次回は、衿芯をつけて、洗濯止めを縫います。

 

 

記事『こどもの浴衣を作る』へのリンク

子どもの着物(四つ身)を手作り 

こどもの浴衣を作る Day1 生地の下準備・裁断

こどもの浴衣を作る Day2 胸ひもを縫う・丸み型を作る

こどもの浴衣を作る Day3 袖の印付け・袖を縫う

こどもの浴衣を作る Day4 身頃と衽の印付け・背縫い

こどもの浴衣を作る Day5 つまみ衽を縫う・褄下ぐけ

こどもの浴衣を作る Day6 脇縫い・かくしじつけ

こどもの浴衣を作る Day7 脇縫い代の始末・身八つ口のかんぬきどめ

こどもの浴衣を作る Day8 裾をくける

こどもの浴衣を作る Day9 衿をつける👈いまここ

こどもの浴衣を作る Day10  衿芯を縫いつける・洗濯止め

こどもの浴衣を作る Day11  衿先どめ・衿をくける・共衿をかける

こどもの浴衣を作る Day12  袖をつける・縫い代をくける

こどもの浴衣を作る Day13  腰揚げ・肩揚げ

こどもの浴衣を作る Day14 (最終日)胸ひもをつける・紐飾り