着物好きが育てたら、着物好きな娘になったので…

今度は着物好きの息子を育てようと企んでいます。娘に着物を着せたくて、独学で和裁を始めました。子どもの浴衣や着物のことや、着物でのお出かけなどについて書いていこうかなと思います。和裁についてはまったくの独学なので、おかしなところもあると思います。参考にされる場合はご承知くださいませ。

着物で季節を感じよう! 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)


もくじ

 

着物歳時記:「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」

7月23日~26日頃は「大暑」のうち初候の「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」にあたります。

二十四節気の「大暑」に入って、一年で一番暑い時期ですね。今年は本当に暑いです。

「桐の花」とありますが、下の写真のような薄紫色をした花が咲くのは5月頃のようです。

f:id:tsupiccoro:20180722235534j:plain

 北原白秋の歌集「桐の花」巻頭の歌論「桐の花とカステラ」にも次のようにあります。

桐の花とカステラの時季となつた。私は何時も桐の花が咲くと冷めたい吹笛フルートの哀音を思ひ出す。五月がきて東京の西洋料理店レストラントの階上にさはやかな夏帽子の淡青い麦稈のにほひが染みわたるころになると、妙にカステラが粉つぽく見えてくる。さうして若い客人のまへに食卓の上の薄いフラスコの水にちらつく桐の花の淡紫色とその暖味のある新しい黄色さとがよく調和して、晩春と初夏とのやはらかい気息のアレンヂメントをしみじみと感ぜしめる。私にはそのばさばさしてどこか手さはりの渋いカステラがかかる場合何より好ましく味はれるのである。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000106/files/50252_38425.html

北原白秋 桐の花とカステラ(青空文庫)

 北原白秋なんて久しぶりに読んでみたら、何だか当時の景色が見えてくるような文体で、もっと読んでみたくなりました。いいかも~。「桐の花とカステラ」は岩波文庫版の歌集に収録されているようです。ちょっと図書館で探してみようかな。

 

さて、七十二候の「桐始結花」は、花ではなくて花芽(来年の花の蕾)がつく頃を指すのだそうです。

実がつき始める頃という説もあるのですが、下の記事にある「花芽」説のほうが「花を結ぶ」という言葉にしっくりきます。

topics.smt.docomo.ne.jp

 

桐の花芽の画像はこちらのサイトから拝借します

forest17.com

f:id:tsupiccoro:20180723002030j:plain

桐の木があったら花芽を探してみたいですが、だいぶ高いところにできるようなので、双眼鏡でもあったほうがいいみたいです。

 

★東京なら代々木公園あたりにあるそうです。
ameblo.jp

 

★愛知県の東三河ふるさと公園

www.aichi-koen.com

 

★大阪・八尾の心合寺山古墳

www.sankei.com

 

他の場所にもいくらでもあると思いますが、木に詳しくないので、桐の木があっても気が付きません。こんなときはいつも、亡き父が存命だったら、「どれが桐の木なの~?」と訊けば「あそこにあるよ」と答えてくれたろうなと思ってしまいます。命日が近くなると何故か父を思い出すから不思議です。

 

着物で季節を感じたいけれど…

さて、着物で季節を感じたいところですが、あいにくと、桐のモチーフ(桐文)は、吉祥文様として鳳凰などと組み合わせて、季節を問わず使用されます。おめでたい席に着用する袋帯などに使用されることが多く、格調高いイメージです。

 

☟こんな感じ

[rakuten:auc-kamogawa2013:10005833:detail]

 

名古屋帯だと意外と可愛い感じのもあるようです

 

着物を着ていると、そこに描いてある文様について調べたりして、季節の草花に目を向けるようになりました。これも着物で季節を感じるってことかな! こうなったら、桐の木を探して双眼鏡片手にお出かけするしかないかな~。

 

着物歳時記の記事へのリンク

tsupiccoro.hatenablog.com