page contents

着物好きが育てたら、着物好きな娘になったので…

今度は着物好きの息子を育てようと企んでいます。娘に着物を着せたくて、独学で和裁を始めました。子どもの浴衣や着物のことや、着物でのお出かけなどについて書いていこうかなと思います。和裁についてはまったくの独学なので、おかしなところもあると思います。参考にされる場合はご承知くださいませ。

【絵本レビュー・動画あり】2歳の息子にワールドライブラリー(World Library)の「赤ちゃんしかけ絵本3冊セット」を買ってみたら、予想以上に反応が良かったので、おすすめ。

f:id:tsupiccoro:20200227145446j:plain

world library のしかけ絵本セットが届いたよ!

 

我が家には7歳の女の子と2歳の男の子がおります。

 

お姉ちゃんのほうは、自ら読書カードを作って記録するぐらい、本が好きです。

 

弟くんも、本が嫌いなわけではないのですが、「電車」と「バス」と「はたらくくるま」以外の本には、あまり興味を示しません… "(-""-)" こまったもんです。

 

男の子あるあるかもしれませんが、もう2歳だし、もっと色々な本に興味を持ってほしいのです。

 

そんな息子でも、唯一、希望が持てそうなジャンルがしかけ絵本です。

 

そこで、今回、World Library のオンラインショップ限定アイテム『赤ちゃんしかけ絵本3冊セット』を購入してみました。

 

 ☟こちらです(公式サイト)

 

注文から2日後(昨日)、我が家に到着しました!

 

とりあえず開封して、テレビボードの上にぽいっと置いておきました。

 

翌朝(今朝)、登校前のお姉ちゃんと朝ごはんを食べていたら、遅れて起床してきた息子がテレビの前で何かしている…。

 

 


2歳息子の反応(動画)


 

感動のあまり、このブログ初の動画を投稿しちゃいます!(インスタ経由)

(画像右端の矢印>をクリックすると2ページ目に動画があります)

 

息子が触っていたのは、『あおいよるのゆめ』というイタリアのしかけ絵本でした(ワールドライブラリーの絵本は、裏表紙に国旗と国名が書いてあります)。

 

この『あおいよるのゆめ』は、一般の書店ではあまり取り扱いがないのですが、絵本専門店でかなりの人気のようで、神田神保町にある児童書専門店『ブックハウスカフェ』の2019年ベストセラー第2位に選ばれたそうです。

⇒ 大人気しかけ絵本『あおいよるのゆめ』が、新刊絵本専門店「ブックハウスカフェ」の2019年ベストセラー第2位に選ばれました!(公式サイト)

 

ワールドライブラリーおそるべし。以下に詳しくご紹介していきます。

  


World Library(ワールドライブラリー)とは


 

WORLDLIBRARY(ワールドライブラリー)は
世界中の絵本を子どもたちにとどける、新しい取り組みです。
絵本を通じて、世界と出会い、世界を知るきっかけをつくる。

グローバル時代を生きていく子どもたちにとって、
文化や価値観の違いを当たり前に受けとめる感覚を養うことは、
語学のスキルを磨くこと以上に大切なはず。
一つの時代をつくるあたらしい国際感覚を育てたい。
そんな志をもってこの事業をスタートしました。

 

(後略)

World Library ホームページより引用

https://www.worldlibrary.co.jp/about

 

ワールドライブラリーは、海外の良質な絵本を翻訳・出版している会社です。

 

でも、あまり一般の書店で見かけないですね。

 

メインの事業は、保育施設やキッズスペースなど法人向けの絵本レンタルであるため、一般の書店での取り扱いが少ないようです。

 


ワールドライブラリーの絵本を読むには


 

①オンラインショップで購入する(おすすめ)

◆ワールドライブラリーの本は、公式オンラインショップで1冊から購入可能

⇒ WORLD LIBRARY オンラインショップ

 

☆年齢別・種類別に絵本を探すことができます

☆会員登録すると、ギフトバッグがもらえます(通常は+¥220)

☆送料は750円(2,000円以上購入で送料無料)

 

◆オンラインショップ限定3冊セットを購入する👈おすすめ 

⇒ 赤ちゃんしかけ絵本3冊セットを公式サイトでチェック

 

我が家で購入したのは、こちらの3冊セットです。”赤ちゃん”という名前がついていますが、0~2歳向けということで、2歳児でも楽しんでいますよ!

 

②World Library Personal から定期購入する

ワールドライブラリーには、月額1,000円(消費税と送料を加えると1,300円)で毎月1冊絵本を届けてくれる会員制サービスがあります。

 

月額1,000円(税別)で、毎月世界の絵本をご家庭にお届けします。

 

☆定価が1,800円の本でも、1,000円で届けてくれるのでお得!

☆月齢ごとに届く本が決まっているが、実際と違う月齢の本からでも開始可能

しかけ絵本がたくさん!

 

実は以前からこの定期購入サービスが気になっていたのですが、今回、息子の反応があまりに良かったので、本格的に検討しています。定期購入を開始したら、このブログでまたご報告したいと思います!

 

【2020年3月22日追記:定期購入スタート!】

☟定期購入を決めた理由などを記事にしました。

tsupiccoro.hatenablog.com

 

TSUTAYA店舗・絵本専門店で購入する

やっぱり実物を見てから買いたい!という方は、TSUTAYA(蔦屋)店舗と幾つかの絵本専門店で取り扱いがあるそうです。

 

☟取り扱い店舗などの情報はこちら

⇒ World Library 絵本取り扱い店舗・イベント情報

 

④保育園やキッズスペースで読む

ワールドライブラリーのメイン事業は、法人向けの絵本レンタルですので、お子さんが通っている幼稚園や保育園で導入しているかも知れません。

 

実は、現在7歳の娘が去年まで通っていた保育園には、ワールドライブラリーの絵本が置いてありました。

 

保育園の玄関スペースにワールドライブラリーの絵本コーナーがあったのですが…

 

お迎え時間に子供達が座って本を読み始める事案が多発

さっさと連れて帰ってご飯を食べさせたい保護者困惑

いつしか絵本コーナーは通常の保育スペースに移動

 

当時は、私も余裕がなくて、何でこんなところに絵本を置くんだ!と怒り心頭(?)でしたが、考えてみたら、それだけ子供たちに人気の絵本だったんですねー。

 

オンラインショップの絵本一覧ページを見せたら、「あ!この本しってる。」となるかもしれません。

 

⇒ ワールドライブラリーの絵本を見てみる

 


まとめ


 

子供って「しかけ絵本」が大好きですよね。

 

よく病院の待合室にあったりするけど、たいてい壊れていて動かせない…。

 

確かに、しかけ絵本には「壊れたら終わり」というデメリットがあります。

 

でも、我が子が気に入って、何度も読むうちに壊れてしまうなら、むしろ嬉しいかもしれません。

 

しかけ絵本を選ぶなら、しっかりした造りのものを選びたいと思います。

 

☟0~2歳児におすすめです♪