着物好きが育てたら、着物好きな娘になったので…

今度は着物好きの息子を育てようと企んでいます。娘に着物を着せたくて、独学で和裁を始めました。子どもの浴衣や着物のことや、着物でのお出かけなどについて書いていこうかなと思います。和裁についてはまったくの独学なので、おかしなところもあると思います。参考にされる場合はご承知くださいませ。

ウール着物を解いてみたら 切りじつけ

 

そろそろ娘ちゃんの着物も冬支度をと、私のウール着物を四つ身に仕立て直し始めました。

 

tsupiccoro.hatenablog.com

 

といっても、まだ着物をほどき終わったところです。

 

現在、他にもちくちくと縫っているものがあり、ウール着物は特に急ぎでもないので合間にちょこちょことすすめています。

 

着物をほどくと色々と発見があって面白いので、面倒な作業ですが、意外と好きです。

 

息子くんの被布を作るために、アンティークの紬着物をほどいた時も、仕立て直しの形跡を見つけて「ほほーう。」と、真夜中にひとり楽しんでいました。

 

☟詳しくはこちら

tsupiccoro.hatenablog.com

 

そして、今回もちょっと面白いものを見つけました。

 

☟こちらです。

f:id:tsupiccoro:20181016002013j:plain

 

身頃の脇縫いの部分ですが、ぽつりぽつりと水色の糸がついています。

 

ほかにも、ところどころ水色の糸が残っていました。表からは決して見えない場所です。これは『切りじつけ』をした糸だと思われます。

 

和裁では、印付けにへらを使います。へらですと、重ねた2枚以上の布に一度で印をつけられますし、表裏同時に印がつくので便利です。慣れれば相当な時短になるだろうと思います。

 

へらで印がつけにくいような生地の場合は、『切りじつけ』という方法を使います。糸でぽつりぽつり印をつけますが、へらと同様で数枚同時、裏表同時に印をつけることができます。

 

ウール生地などは、固くてへらだと印がつきにくいので、切りじつけがよく使われるのかもしれません。

 

私自身は、へらだけでは心もとないので、通常、フリクションペンなどを併用しています。だいぶ非効率的な作業をしていると思います。

 

今回はちょっと切りじつけにでも挑戦してみようかな…(*´з`) 

慣れていないから、余計に時間がかかりそうだけど、何しろ急ぐものでもないので。

何事も挑戦だ!

 

 

着物コーディネートのヒント 白洲正子のおしゃれ

 

着物を着ていると、着物のコーディネートについてあれこれ考えるのが一番の楽しみです。

 

こんな色柄の着物にはこんな帯が合う云々…という具体的なヒントは、もちろん参考にはなるのですが、自分に似合わなければ意味がありません。。

 

最近は、着物をおしゃれに着こなす人はどんなことを考えて着物を選ぶのかな?というほうが知りたいと思うようになりました。

 

過去記事では、アンティーク着物で有名な池田重子さんの言葉を紹介しました。

tsupiccoro.hatenablog.com

 

今回は、白洲正子流の着こなしについて、長女である牧山桂子さんの著書『白洲正子のおしゃれ―心を磨く88の言葉』から、いくつかピックアップしてみました!

 

☟こちらの本です。

 

白洲正子(1910-1998)は、GHQ占領下に吉田茂首相の側近として活躍した白洲次郎の妻です。

 

☟夫の白洲次郎はイケメン実業家(こう書くと胡散臭いけど、本物の昭和の美男子ですね~)

 

数年前にドラマ化されたのを見た覚えがあります。マッカーサーを怒鳴りつけたとか真偽不明の逸話が色々と残る魅力的な人物のようです。

 

こんな有名人の夫を持つ正子(なぜか、正子さんではなく正子と呼びたくなる)ですが、正子本人も決して負けない個性の持ち主のようです。伯爵家の生まれというお嬢様で、幼少期から能を習い、14歳の時に女性として初めて能舞台に立っています。

 

海外留学経験もある国際派ですが、着物や骨董など日本の美についての造詣が深く、銀座で染織工芸店を経営しながら、随筆家としても活動しました。

 

上の写真からもわかるように、割とカッコいい系の人ですので、着物の好みもさっぱり系でちょっと中性的な感じです。結城紬や上布、綿薩摩、型染や刺し子の帯などを好んだようです。半幅帯がお気に入りだったそうです。

 

前置きが長くなりましたが、さっそく、白洲正子の言葉から着物コーディネートのヒントになりそうなものをピックアップしてみます!

 

失敗しないよう、間違いのないよう、安全第一を目ざすのも怪我の元です。たのしみがないから、直ぐあきる。物を覚えるのに、痛いおもいや恥ずかしい目をおそれたのでは成功しない。きものを見る眼も同じことです。

『きもの美』「きものを選ぶ眼」

 

深い。着物ってどうしても失敗を恐れる気持ちが付きまとうのは何故でしょうね…。

 

実際に正子が着ていた着物の画像を探したら、一昨年の松屋銀座特別展HP内に画像がたくさん掲載されていましたので、リンクを貼ってみました。

 

詳しくご覧になりたい場合は、リンク先で大きな画像が見られます。

 

www.fashion-headline.com

 

結城紬の着物

www.fashion-headline.com

 

古澤万千子作の帯三種

www.fashion-headline.com

 

柳悦博が織った生地を古澤万千子が染めた着物「梅二月」

www.fashion-headline.com

 

ほかに、こんな言葉もありました。これぐらいの境地に達するまで、着物を着たいものです。

 

身につくというのは、ふだん着にきることです。意識しないで、自然に着ることです。

「きものと洋服」

 

私は、美しいきものはほしくない。顔のきれいな人が羨ましいとも思わない。ただ、人ときものの完全な調和をのぞむのである。

「調和」

 

正子は、着物も洋服も同じく「着る物」という考えの人だったようですので、これらは着物に対してのみの言葉ではないと思います。

 

私は、「洋服よりも着物の方が好き~洋服は似合わなーい」などと考えて、洋服は適当になりがちなので、ちょっと反省です。

 

きっと、着物を本当に素敵に着こなす人は、洋装も素敵なのだろうなーなどと考えたりしました。

 

今回は、牧山桂子さんが白洲正子の著書から選んだ言葉をパラパラと眺めただけなので、原著である正子本人の著書をもっとちゃんと読んでみようと思います!

 

 

おしまい☆彡

 

 

 

ウール着物をこども用(四つ身サイズ)にリメイク

 

どうも最近やる気がおきず、ブログもしばらく更新していませんでした。

毎月25記事投稿を目標にしていますが、今月はまだ4記事しか書いていません。。はあ~どうしよう。

 

何だかすっきりしない頭で、「だいぶ肌寒くなってきたし、子どもの着物も、今年の冬物をどうしようかなー」などと考え始めました。

 

去年まで娘ちゃんが着ていたウールの着物がついにサイズアウトしてしまったので、今年は新しいウール着物を作ろうかと思います。

 

☟去年まで着ていた着物はこちら

tsupiccoro.hatenablog.com

 

反物から仕立ててもよいのですが、もう着ないかな~という私のウール着物がありますので、ほどいて四つ身サイズに仕立て直すことにしました。

 

以前手作りした帯に合いそうかな?ということもあり。

tsupiccoro.hatenablog.com

 

 

☟この着物を仕立て直します。

f:id:tsupiccoro:20181012145505j:plain

 

自分で仕立てたものではなく、リサイクルの着物です。ウールの着物というと羽織がついてアンサンブルになっているものが多いですが、こちらは着物のみでした。

 

これまで、あまり気にしたことがなかったのですが、細部をよく見てみることにします。

 

棒衿の単(ひとえ)仕立てです。

f:id:tsupiccoro:20181012145741j:plain

 

さらしの肩当てがついていますが、だいぶ古びているのと、さらしだとつまらないので、モスリンの可愛らしい柄の生地にでもつけかえようと思います。

f:id:tsupiccoro:20181012145833j:plain

 

生地の端にはロックミシンがかかっていますが、それ以外はすべて手縫い仕立てでした! 手縫いだとほどきやすいし、生地が傷まないので嬉しいです。

f:id:tsupiccoro:20181012150052j:plain

 

お袖の長さは標準的な49cmですので、そのまま使用すれば楽ちんだし、ちょっと長めのお袖で可愛らしく出来上がりそうです♪

 

まずは、着物を仕立ててから、この着物に合わせたサイズで襦袢を作ろうかと思います。

 

ちょっと地味かな。

娘ちゃんにダメ出しされそうだな~。

 

本日はこのへんで。。

 

 

運動会の赤Tシャツを可愛くリメイク 第1段階

 

最近は春に挙行される場合も多いですが、やはり10月も運動会シーズンですね!

娘ちゃんの保育園でも運動会が行われました。

 

紅組と白組に分かれてのプログラムで、娘ちゃんは紅組。

赤いTシャツなどを各家庭で用意します。

 

白組だったら、わざわざ用意しなくても何かしら家にありそうですが、赤となるとそうもいかないので、赤いTシャツを買いました。

 

通販だと送料がかかるし、その辺の子供服売り場で買えばいいや~と高をくくっていたら、長袖の赤Tシャツ男児用しか見つからず…。仕方ない、袖を切って適当に縫って半袖にしちゃおう~と思って購入しました。

 

ところが、シンプルなただのザ・Tシャツを見た娘ちゃんから、「なんか可愛くしてくれなきゃいや~」とダメ出しが入りました。

 

最後の運動会だし、希望をかなえてあげることにしました。

 

さて、どうしようかな。

切った袖口に水玉模様のバイアステープをつけようかしら、とも思いましたが、ちょうど合う色のミシン糸がありませんでした。

 

それでは、ということで、袖をばっさり切り取って、スカラップレースの生地を縫い付けてみました。

 

在庫処分セールか何かで買っておいた生地がちょうど使えそうです。

 

☟リメイク前

f:id:tsupiccoro:20181007135814j:plain

半袖にしようと思って一度袖を切りましたが、この後さらにばっさり袖を切り取りました。

 

☟レース袖を縫いました。

f:id:tsupiccoro:20181007135917j:plain

深く考えずに四角く切って、裁ち目はジグザグミシンです。さらに、5mmの針目でギャザーミシンをかけ、軽くギャザーを寄せました。

 

☟レース袖とTシャツを縫い合わせて完成でーす。

f:id:tsupiccoro:20181007140452j:plain

Tシャツ袖口の裁ち目を隠すように二度縫いしました。

 

何か、ここ数年こんな感じのひらひら袖をよく見かけるし、いいかな。

運動の邪魔になるかな?とも思いましたが、大丈夫そうでした!

 

f:id:tsupiccoro:20181007141404j:plain

「運動会だって可愛くないと嫌なんじゃー!」

 

無事、運動会終了しましたが、娘ちゃんは普段ワンピース以外ほとんど着ないので、こちらのTシャツはさらにワンピースにリメイクしようかと考えております(第2段投稿予定)。

 

紅組負けちゃったけど、ガリガリくん食べてご機嫌の娘ちゃんなのでした!

 

おしまい☆彡

 

 

 

ハロウィンだけじゃない 蜘蛛の巣も吉祥紋様

f:id:tsupiccoro:20181005180450j:plain

 

もくじ

 

吉祥紋様の蜘蛛の巣

 

ハロウィンの定番モチーフといえば「蜘蛛の巣」ですが、これも「蝙蝠(こうもり)」と同じく吉祥紋様なのです!

 

蜘蛛の巣って自然の造形としてとても美しいので、古来からそこに神秘性が見出されていたようです。

f:id:tsupiccoro:20181006141530j:plain

 

さらには、蜘蛛の巣が獲物をしっかり絡めとることから、「幸せを掴んで離さない」として、吉祥紋様とされたようです。

 

「蜘蛛の巣」モチーフでハロウィンパーティー🎃を楽しんだ後は、吉祥紋様が幸運を逃さずキャッチしてくれるかもしれませんよ~。

 

というわけで、今回は着物周りに「蜘蛛の巣」モチーフを探してみました~。

 

「蜘蛛の巣」モチーフの着物と帯

『Kimono-Shinei 2号店』さんの「一つ紋訪問着」

 

 リサイクル着物の訪問着です。一見するとよくあるグレーの色無地かと思いきや!蜘蛛の巣柄です~。通な感じがいいですね~。

帯合わせを少し大胆にしても良さそうです!

 

『きものあそび』さんから、WA・KKAの京袋帯 

 

蜘蛛の巣柄だけど、おどろおどろしい感じじゃないのがいいですね! 京袋帯なので、袋帯の仕立てですが、一重太鼓で気軽に着用できておすすめです。

 

手蜘蛛絞り(てぐもしぼり)の着物・帯

 

絞りの技法に「手蜘蛛絞り(てぐもしぼり)」というものがあります。蜘蛛の巣柄はちょっと…という方でも「手蜘蛛絞り」の着物なら、蜘蛛の巣モチーフを楽しめるのではないでしょうか。

 

☟こちらは有松絞りの浴衣地

 

『バイセルオンライン』さんの結工房紬麗彩絞り

 

正絹の着物もあります。こちらは袷(あわせ)着物です。

総絞りですので高級品ですが、リサイクル着物なら比較的お手頃価格で見つかります。

 

『バイセルオンライン』さんの六通洒落袋帯 

 

袋帯の仕立てですが、洒落袋帯として小紋など普段着に合わせます。明るめのグレーが爽やかですね~。

これだけだとハロウィンぽくないけど、いっそ、可愛らしいパンプキンの帯留めなんかしてみてもよさそうです。

 

☟こんな感じの帯留

 

 

☟こんなのもいいかも~

 

 

ちょっと脱線してしまいました…

 

「蜘蛛の巣」モチーフの小物

『こだわり着物専門店Kisste』さんの刺繍半衿「スパイダー」

 

 キラキラ刺繍が、朝露に光る蜘蛛の巣みたいで素敵です~。

 

『kimono-kan 三國屋』さんから「蜘蛛の巣」帯留

蜘蛛さんがいるかな。いますね…。

 

 

いかがでしたか~?

ハロウィンだけじゃもったいない。吉祥紋様の「蜘蛛の巣」モチーフでした!

 

ハロウィンだけじゃない 吉祥紋様の蝙蝠(こうもり)

f:id:tsupiccoro:20181005142955j:plain

 

もくじ

 

吉祥紋様の蝙蝠

日本でもすっかりハロウィンが定着しつつありますね。

 

さて、ハロウィンといえば、パンプキンや蜘蛛の巣などと並んで、蝙蝠も定番モチーフです。

 

着物でハロウィンパーティー🎃とかいいかも~とお考えでしたら、蝙蝠のモチーフがおすすめ。

 

蝙蝠は、「蝠」の音が「福」と同じなのだそうで、中国では古来吉祥紋様とされてきたそうです。

 

そのため、蝙蝠文は日本でも器物や着物の柄にしばしば用いられましたが、特に歌舞伎役者の7世市川團十郎のお気に入りだったそうで、蝙蝠を使ったデザインを色々と考案して江戸の庶民の間に大流行させたのだとか。

 

なお、團十郎が正式な家紋の他に、替え紋として「蝙蝠」を用いたとの話がよくありますが、どうやらこれは間違いで、あくまでも柄として使用したようです。

 

以下、家紋研究家の森本勇矢さん(京都家紋研究会会長)のブログから引用です。

インターネットや様々な家紋の書籍を読むと極まれではあるが、この七代目「市川團十郎」が蝙蝠の柄を流行らせ、「蝙蝠紋を替え紋」とした、という記述を見かけることがある。
ところがいくら調べても市川團十郎が使用した蝙蝠の替え紋というものは一切見つからないのだ。
らちがあかないと判断した私は市川團十郎事務所に直接メールで問い合わせたことがある。
その答えは
市川團十郎家の家紋はあくまで三升、掘越家の家紋は近衛牡丹、それを簡略化して舞台で使うようにした替え紋が杏葉牡丹、これしかありません」
とのことだった。
蝙蝠は柄だけであるということであった。

http://arkness.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

 

arkness.blog.fc2.com

 

ネット上の情報って難しいですね。でも、蝙蝠柄が着物の柄などとして江戸時代に大流行したのは間違いないようです!

 

ということで、吉祥紋様である蝙蝠はハロウィンの季節以外でも楽しめるので、ちょっと探してみました!

 

蝙蝠柄の帯

 

『京たまゆら』さんの西陣名古屋帯(こうもり)

 

 上品な蝙蝠さんですね~。小紋に合わせて、歌舞伎鑑賞などにも良さそうです。

 

 『きものほ乃香』さんの木綿帯(瓢箪と蝙蝠)

 

カジュアルに着用できそうです。半幅帯にして夏には浴衣に合わせたい感じです。

「こうもり」は夏の季語でもあるそうです。

 

蝙蝠柄の帯揚げ&半衿

 『街着屋』さんから、撫松庵のラッキーモチーフ帯揚

 

宝尽くしのほかにもラッキーモチーフだらけで、お正月にもいいかもしれません。 

 

 『キタヤマイロハ』さんの友禅半衿(黒格子にコウモリ)

 

男物だそうですが、女性が使用しても渋い感じで良さそうです。

 

蝙蝠の帯留

 『京都きもの町』さんのシルバー帯留

 

繊細な意匠なので、上品かわいい装いになりそうです。

 

 『キモノ千壹屋本店』さんの墨黒和蝙蝠の帯留

 

 アンティーク着物に似合いそうです。

 

いかがでしたか~?

吉祥紋様としての蝙蝠さんにもぜひ注目してみてくださいね~。

 

 

 

基本の縫い方おさらい① 運針(苦手意識の原因と対策)

 

f:id:tsupiccoro:20181002121157j:plain

 

もくじ

 

運針の苦手意識克服チャレンジ!

これまで、浴衣その他の着物を20枚以上は縫ったと思いますが、運針が苦手で、ちゃんとできていませんでした。

 

運針というよりは、指ぬきが苦手だったので、「指ぬきを使わない」⇒「針の持ち方が変」⇒「変な縫い方」という具合だったのです。

 

それなりに綺麗な針目だし!縫うのもそこそこ速いし!とこれまで直す気がなかったのですが…娘ちゃんがだんだんと針仕事に興味を持ち始めたので、そのうちちゃんと教えられるようにと和裁教室に通い始めました。

 

そのあたりの決意については、こちらの記事に詳しく書いております。

tsupiccoro.hatenablog.com

 

そこで、最近はちゃんと運針らしき縫い方をするようになりました。

 

テキストや動画などでお勉強

運針のやり方については、各種和裁テキストにも必ず解説がありますし、Youtubeなど動画サイトでも多数投稿があります。

 

☟私の愛用の和裁テキスト(DVDつき)はこちら

 

☟和裁士さんが公開している動画なども参考に

www.youtube.com

 

探せば、いくらでも解説や動画がありますね。

 

私自身はといいますと、これまですごく苦手意識があったのですが、和裁教室で先生にコツを教わったら意外とあっさりできるようになりました~。このあたりがお教室で習う良さですね。

 

同じように苦手だな~と思っている方にとって、少しでもヒントになればと思って、以下にまとめてみました!

 

運針がうまくいかない原因と対策

①針の長さが合っていない

  • 手が小さくて指が短い場合、針が長すぎると、持ちづらくうまく縫えません。そんな場合は短めの針を選びましょう!

 

☟意外と違う針の長さ

f:id:tsupiccoro:20181002115718j:plain

 

☟左は長い針、右は短めの針を持ったところ

f:id:tsupiccoro:20181002115812j:plain
f:id:tsupiccoro:20181002115822j:plain
右の短めの針のほうが楽に持てています

 

②指ぬきがうまく使えていない

  • テキストだと、指ぬきの真ん中あたりに針の頭をあてていますが、師匠曰く「指ぬきの横っちょでもいいから、どこかに針があたればいいのよ~」とのこと。①とも関連しますが、自分が針を持ったときに、針の頭がちゃんと固定されれば、場所は気にしなくてOK!

 

☟指ぬきの横っちょにあたっています

f:id:tsupiccoro:20181002120053j:plain

 

③親指がうまく使えていない

  • 運針は人差し指と親指を交互に前に出しながら進みますが、師匠曰く「人差し指は自然と前に出る人がほとんどだけど、親指は出ない人が多いのね~」。親指を前に進めるのを意識して少し練習すると、だんだんリズムよく縫えるようになります。

 

④左手で押さえる場所が良くない

  • 運針は、左手で布をピンと張って前後に動かしながら縫いますが、このとき、ピンと張った先が縫っていく線上にないと、縫い目が斜めになります。針の先と左手の指先を結んだ線がちゃんとこれから縫っていく線になるように意識しましょう~。

 

☟これから縫う線の先を左手の親指と人差し指でしっかり持つ

f:id:tsupiccoro:20181002120223j:plain

こちらはイメージ図です(細かい持ち方などは画力の限界のためご勘弁ください)

 

以上、私が運針に対する苦手意識を克服したポイントでした。

 

どれも上手な人にとっては当たり前なのかもしれませんが、苦手な方にとって参考になったら幸いです。

 

やっぱり着物は手縫いが基本ですので、正しい運針をマスターしてサクサク縫っていけるといいですね!