着物好きが育てたら、着物好きな娘になったので…

今度は着物好きの息子を育てようと企んでいます。娘に着物を着せたくて、独学で和裁を始めました。子どもの浴衣や着物のことや、着物でのお出かけなどについて書いていこうかなと思います。和裁についてはまったくの独学なので、おかしなところもあると思います。参考にされる場合はご承知くださいませ。

早春に着たい「霞(かすみ)」もようの着物。訪問着や付下げは卒園・卒業式にもおすすめ。

 

f:id:tsupiccoro:20190223002239j:plain

 

2月24日~2月28日頃は、二十四節気「雨水」の次候『霞始靆(かすみはじめてたなびく)』に当たります。

 

霞(かすみ)というと、何かぼや~っと霧でもかかっている様子かなというぐらいに思っておりましたが、「春にかかる霧」のことを表していて、春の季語でもあるそうです。

 

霞は、着物の文様としてよく見かけるもので、特に季節が限定される文様ではありませんが、早春の今頃に着るのにぴったりの柄でもありますね!

 

霞文は控えめで上品な柄ですので、卒園式や卒業式に着る訪問着や付下げにもおすすめです♪

 

ということで、早春に着たい「霞」柄の着物や帯を探してみました~。

 

もくじ

 

霞もようの着物

きもの屋小町さんの霞ぼかし小紋着物

 

地味な印象になりやすい霞文様ですが、こんな霞ぼかし柄なら華やかで素敵です。

 

きものネット商会さんの洗える袷着物

 

 「春」というと、ピンク系をイメージしやすいのですが、灰色がかった青緑色というのも悪くないです。

 

 Kimono-Shinei2号店さんの霞に花模様十日町紬着物

 

 素朴な雰囲気に織り出された小さなお花もようが春らしくて素敵です♪

 

お茶道具・着物【宗sou】さんの霞模様小紋着物

 

こんな薄桃色なら年齢を問わずに着られそうです。

 

バイセルオンラインさんの正絹刺繍付下げ

 

 派手過ぎず、地味でもなく、使いやすそうな付下げです。卒園式・卒業式にも良さそうです。

 

京都きもの市場さんの京友禅訪問着

 

 はんなりとした薄水色が上品で素敵です。卒園・卒業式や入学式におすすめ♪

 

霞もようの帯

ロマン着物みやがわさんの手描き友禅九寸帯

 

桜色がかった灰色に椿の柄が上品です。うっすらクリーム色の霞が良い♪

 

京都きもの市場さんの西陣織『幾何霞紋』九寸帯

 

モダンな感じで使い勝手の良さそうな帯です。 春らしい優しい色あいが素敵です。

 

KOMEHYO ONLINESTOREさんの手染織袋帯

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【未使用品】  袋帯 手染織 【中古】 
                                         

 
チェックする 

 まるで印象派の絵画のような霞柄が織り出された袋帯です。

 

きもの和夢さんの西陣織『墨流霞文』袋帯

 

青朽葉色の地に墨流しもようの霞という面白い柄付けです。古典的な雰囲気で、あらたまった席に安心して着用できそうです!

 

京都きもの市場さんの明綴れ袋帯

 

高級な明綴れの袋帯ですが、どこかほっこり感もある愛らしい柄ゆきです。

 

いかがでしたか?

 

古典的なイメージの霞文様ですが、探してみたら、素朴なものからモダンなものまで、意外といろいろあって楽しかったです♪

 

おしまい☆彡

 

【着物コーディネート帖】更紗模様の紬着物によろけ縞の帯を合わせてみる。

 

前々回、前回と更紗模様の紬着物のコーディネートを考えてみました。どちらもちょっとエスニック調でしたが、今回は、和風な感じにコーディネートしてみました。

 

シルクロードの終着点にたどり着きましたよ~。

 

f:id:tsupiccoro:20190220001723j:plain

 

よくある朱色系ですが、よろけ縞に小さな水玉模様が描かれていて、上品な感じが気に入った帯です。

f:id:tsupiccoro:20190220001805j:plain

 

今回は、明るい色の帯なので、帯揚げは目立たぬように着物と同系色で。

 

f:id:tsupiccoro:20190220002045j:plain

 

ベネチアン硝子の帯留めをアクセントにしてみました! 使いやすくて、最近お気に入りです♪

 

今回は、真田紐ではなく正絹組紐の三分紐です。ダイヤ柄の模様が並んでいます。

 

f:id:tsupiccoro:20190220002326j:plain

 

無駄に連投してしまいましたが、どうせなので、3種のコーディネートを並べてみます。

 

f:id:tsupiccoro:20190218010905j:plain
f:id:tsupiccoro:20190219235552j:plain
f:id:tsupiccoro:20190220001723j:plain

 

この中だったら、やっぱり最初のが好きかな!

 

着物と帯の組み合わせというのは、本当は、「もうこれ以外考えられない!」というぐらいの運命の出会いがあったらいいな~と思いますが、なかなかそうもいかないので、結局のところ、色々組み合わせて楽しんでいます (´▽`*)

 

おしまい☆彡

 

 

☟他のコーディネートはこちらからどうぞ!

とみ佳の部屋【着物コーディネート帖】記事一覧へ

 

 

 

 

 

 

 

【着物コーディネート帖】更紗模様の紬着物に絞りの帯を合わせてみる。

 

前回、南国風のコーディネートにしてみた更紗模様の紬の着物には、他にも合わせてみたい帯があります。

 

何故かちょっとエスニックな雰囲気もある気がする絞りの帯です。

 

f:id:tsupiccoro:20190219235552j:plain

 

前回は少し遊んでしまった感がありましたが、今回は割と渋めの装いになりました。

 

f:id:tsupiccoro:20190219235823j:plain

 

同系色の着物と帯なので、帯締めはちょっと締まる感じの色にしてみました。黒と深緑の縞々もようの帯揚げです。

 

f:id:tsupiccoro:20190219235847j:plain

 

帯締めはどうしようかな~、と最初は無難に冠組の帯締めをしてみましたが…

 

うーん、つまんない!

 

といことで、ビーズの帯締めにしちゃいました~ (´▽`*) ✨

 

結び目も一つ多めにサービス♥

 

f:id:tsupiccoro:20190220000137j:plain

 

近くで見ると、つぶつぶですね~ (´▽`*)

 

いかがでしょうか! 参考までに前回のコーディネートと並べてみます。

 

f:id:tsupiccoro:20190219235552j:plain
f:id:tsupiccoro:20190218010905j:plain

 

本当は半衿も変えてみたほうが面白そうです。

 

続けて、もう一つ別の帯もいってみたいと思います(無駄に連投)。

 

 

 

【着物コーディネート帖】更紗模様の紬着物に、紬の京袋帯を合わせてみる。

 

最近、更紗模様が気になって仕方がありません。

 

故・池田重子さんの著書に、下のような一文があります。ご本人がデザインされた『更紗類聚(さらさるいじゅう)』の着物に添えられたものです。

 

「裂(きれ)好きは更紗に始まって更紗に終わる」といいますが、私も更紗には目がありません。 

            「池田重子コレクション日本のおしゃれ展」より

 

 

私は、どちらかというと、「縮緬地に草木染の百花模様」みたいな着物が好きなのですが、最近、どういうわけか更紗が気になって仕方がないのです…。

 

気になってみていると、着物の柄としてはよくあるものなのですが、その中でも何となくこの色柄が好き!という更紗があるようです。

  

こちらの更紗は、どこがどう好きかと問われると答えにくいのですが、緑色の感じが好きかな?

f:id:tsupiccoro:20190218012739j:plain

 

さて、どんな帯を合わせようか…と考えていましたが、着物の色にぴったりじゃないか♪という紬地の京袋帯を見つけてしまったので、合わせてみました!

 

f:id:tsupiccoro:20190218010905j:plain

 

紬の着物に紬の帯で、普通は重たくなるかと思いますが… 姉妹ですか!というぐらいよく似た風合いなので、いいのではないかと。

 

f:id:tsupiccoro:20190218013939j:plain

 

ちょっと色あせているような感じもするけど、むしろいい感じ ( ̄▽ ̄)

 

そして、異国情緒漂う更紗の着物には、南国の太陽のような帯揚げを合わせてみました!(今回、季節感はまったく考慮せず…まあ、寒々しいよりいいかも)。

 

f:id:tsupiccoro:20190218014156j:plain

 

帯締めは民芸調がいいかな~ということで、刺し子のような十字模様です。

 

紬大好きコーディネートになってしまった!

 

f:id:tsupiccoro:20190218014403j:plain

 

何だか南国っぽい感じのコーディネートになりましたが、まだまだ寒いかな、とベルベットのコートを合わせてみたら!

 

f:id:tsupiccoro:20190218014648j:plain

 

意外と素敵♥

 

しかし、このコーディネートでどこに行けばいいのだ。

 

おしまい☆彡

 

 

☟他のコーディネートはこちらからどうぞ!

とみ佳の部屋【着物コーディネート帖】記事一覧へ

 

 

 

 

 

【着物コーディネート帖】春霞がかかったような草花模様の小紋に、木蓮の帯で早春の装い。

 

とうとう今週中には春一番が吹く予報とのことで、春が一歩一歩近づいていますね。

 

この時期になると、そろそろ春を先取りした感じのコーディネートが良さそう。

 

ということで、灰色がかった水色で、何だかぼんやり霞んだような草花もようの小紋に、大好きな木蓮の帯を合わせました。

 

f:id:tsupiccoro:20190218000720j:plain

 

全体的にぼんやりした感じの着物で、ちょっと印象派の絵画のようでもあります。

 

早春のこの時期には、こんな霞がかかったような色の着物を着たくなります。

 

そして、買ったときに「木蓮柄」とは書いてなかったので、違うのかもしれないけど、自分では木蓮だということにしている帯です。

 

f:id:tsupiccoro:20190218001219j:plain

 

お太鼓柄なので、着付けはやや難しいのですが、でもこのぼんやりした感じが好き!

 

ぼんやりした着物にぼんやりした帯で、全体の印象も、ぼやぼや~っとしてしまうので、小物はちょっとアクセントになりそうな色柄を合わせました。

 

f:id:tsupiccoro:20190218001523j:plain

 

小物まで甘い色を持ってくると、なんか締まらないのです。

 

でもやっぱり、そこは『ぼんやりコーディネート』なので、帯留めもぼんやりしたものを~。

 

こんなぼやぼやっとした帯留めもそうそうありません。私の母のこぎん刺しです。ちゃんと使います。

 

『春霞』とでも名付けておきましょう。

f:id:tsupiccoro:20190218002001j:plain

 

ちなみに、帯締めはお馴染みの真田紐です♪

 

真田紐は、織り柄が良いアクセントになる割に、組紐よりも薄くて軽いので、前帯の柄を邪魔しない感じが好きです。

 

ここ最近なんだかやる気がおきなくて、ブログの更新も滞りがちでしたが、着物コーディネートを考えるのはやっぱり楽しいですね~。気分が上がりました!

 

それでは、おやすみなさーい♪

 

 

☟他のコーディネートはこちらからどうぞ!

とみ佳の部屋【着物コーディネート帖】記事一覧へ

 

 

 

帯留めを作ろう その2 くるみ金具で作る布の帯留め

 

箸置きの帯留めと並んで簡単に手作りできるのが、くるみ金具を使った布の帯留めです。素敵な色柄の生地があれば、ほんの小さなはぎれでも作れます。

 

もくじ

 

材料

① 布

  • できれば正絹で、型染めや絞り、友禅、刺繍の施されたものや、縮緬大島紬などちょっと高級な生地だと作りやすい。
  • お気に入りだったけど汚れてしまった半衿などを再利用してもいいかも。
  • コットン生地などでも、うまく切り取って素敵なデザインの帯留めができそうなら、もちろんOK!

 

② クッション材として使用する布

  • 金具と表地の間に、フェルト生地やニット生地などクッション性のある生地を挟むと出来栄えがよくなります。
  • こぎん刺しなど厚みのある生地の場合はなくて大丈夫です。

 

帯留め用くるみ金具

 

☟例えばこんな

形、色、大きさもいろいろです。アンティーク調に加工されたものもあります。

 

④ 接着剤

 

☟私はこちらのアクリル接着剤を使用しています。

作り方

(1) 型紙があれば、それに合わせて布を切り取る。

※型紙よりも少し大きめにしたほうが、金具をくるみやすい。

 

f:id:tsupiccoro:20190215204511j:plain

 

(2) 表地と金具の間に挟むクッション材を金具に接着剤で貼り付ける。

※金具の裏側に接着剤をつけるようにし、表側に接着剤がつかないようにする。

※クッション材の厚みによっては、2枚重ねて貼っても良い。

 

f:id:tsupiccoro:20190215204724j:plain

 

☟表側

f:id:tsupiccoro:20190215204746j:plain

 

☟裏側

f:id:tsupiccoro:20190215204816j:plain

 

(3) 台座に接着剤をつける。

f:id:tsupiccoro:20190215204852j:plain

 

(4)  (2)の金具を表地でくるんで、台座にはめ込む。

※なるべく生地をひっぱるようにしてのばしながら、貼り付ける。

※端っこがうまく入らないときは、爪楊枝などを使ってもよい。

 

できましたー!

f:id:tsupiccoro:20190215205132j:plain

 

紬に型染めの生地で作りました♪

 

久しぶりに作ってみたら、ちょっと不細工になってしまったけど、まあいいや!

 

ほんのちょっとの端切れでも作れて、楽しいですよ~。

 

おしまい☆彡

 

 

 

接着剤カネスチックが届いたので、帯留めを作りたいのですが…その前に。おもちゃ修理!

 

何だか帯留めが作りたいな!

 

ということで、くるみ金具と、強力接着剤『カネスチック』を購入しました。

 

 

☟オカダヤさんで買ったら、作り方解説と型紙つき。

f:id:tsupiccoro:20190215142019j:plain

 

むすこくんがお昼寝している間に、ちょっとやろうかしら~と思ったのですが。

 

そういえば、直さないといけないおもちゃがいくつかあったような…

 

以下、治療待ちの患者さんたち。

 

☟キティちゃんのお部屋の電気スタンド

f:id:tsupiccoro:20190215142706j:plain

 

☟ガラス製のサンタさん

f:id:tsupiccoro:20190215142738j:plain

 

☟そして、先日我が家に来たばかりの、アリエル(無残)

f:id:tsupiccoro:20190215142830j:plain

 

カネスチックは瞬間接着剤ではないので怖くない反面、ある程度乾くまで同じ状態をキープさせておくのがちょっと大変。

 

みなさん、安静にしていてください。明日には退院です。

f:id:tsupiccoro:20190215143004j:plain

 

さて、帯留めを作ろうかなー。