着物好きが育てたら、着物好きな娘になったので…

今度は着物好きの息子を育てようと企んでいます。娘に着物を着せたくて、独学で和裁を始めました。子どもの浴衣や着物のことや、着物でのお出かけなどについて書いていこうかなと思います。和裁についてはまったくの独学なので、おかしなところもあると思います。参考にされる場合はご承知くださいませ。

こどもの浴衣(四つ身)を作る Day5

 

本日のメニュー

f:id:tsupiccoro:20180714222637j:plain

 

つまみ衽(おくみ)を縫う

衽は前身頃の生地をつまんで縫います。

f:id:tsupiccoro:20180625121643j:plain

図のように、つまみ縫い代は褄下の位置までは1cmとして、おくみ下がりで2.5cmになるように縫い代を広げます。

つまみ縫い代の線は、前身頃側では布目に対して平行な直線となりますが、衽側では斜めになりますので、つまみ縫いをする時は、布目に平行で縫いやすい前身頃側から見て縫います。

(1) 前身頃側が手前にくるように中表にして、つまみ縫い代の線どうしを合わせるように待ち針を打つ。

(2) 前身頃側から見ながら、印通りに縫う(片方は裾から、もう一方は衽下がりから縫うことになる)。

※衽下がりではしっかりすくい止め

(3) 縫い代は、0.2cmのきせをかけて衽側に倒す。

f:id:tsupiccoro:20180625123335j:plain

※アイロンをかけるときに、フリクションペンで描いた印が消えないように注意してくださいね~。

(4) 縫い代を衽にくけつける。

f:id:tsupiccoro:20180625123514j:plain

表側から見たところ(きせがかかっているので縫い目が見えない)

 

褄下をくける 

(1) 褄下の位置に糸印をつける。

※後で衿をつけるときの目印になります。

(2) 褄下くけ代(1.8cm)の印の半分(0.9cm)のところに、指でしごくようにしっかり折りぐせをつける。

f:id:tsupiccoro:20180625125322j:plain

(3) 出来上がりの印通りに三つ折りにし、待ち針を打つ。

f:id:tsupiccoro:20180625125719j:plain

(4) 掛け針にかけて、糸印の6cmぐらい上までくける。

f:id:tsupiccoro:20180625125835j:plain

f:id:tsupiccoro:20180625130027j:plain

くけ終わりました

衽ができるとだいぶ着物らしくなりますね。

次回は脇を縫います!

 

 

記事『こどもの浴衣を作る』へのリンク

子どもの着物(四つ身)を手作り 

こどもの浴衣を作る Day1 生地の下準備・裁断

こどもの浴衣を作る Day2 胸ひもを縫う・丸み型を作る

こどもの浴衣を作る Day3 袖の印付け・袖を縫う

こどもの浴衣を作る Day4 身頃と衽の印付け・背縫い

こどもの浴衣を作る Day5 つまみ衽を縫う・褄下ぐけ👈いまここ

こどもの浴衣を作る Day6 後幅の印付け・脇縫い・かくしじつけ

こどもの浴衣を作る Day7 脇縫い代の始末・身八つ口の閂止め

こどもの浴衣を作る Day8 裾をくける

こどもの浴衣を作る Day9 衿をつける

こどもの浴衣を作る Day10 衿芯を縫い付ける・洗濯止め

こどもの浴衣を作る Day11 衿先止め・衿をくける・共衿をかける

こどもの浴衣を作る Day12 袖をつける・縫い代をくける

こどもの浴衣を作る Day14 (最終日)胸ひもをつける・紐飾り