着物好きが育てたら、着物好きな娘になったので…

今度は着物好きの息子を育てようと企んでいます。娘に着物を着せたくて、独学で和裁を始めました。子どもの浴衣や着物のことや、着物でのお出かけなどについて書いていこうかなと思います。和裁についてはまったくの独学なので、おかしなところもあると思います。参考にされる場合はご承知くださいませ。

こどもの浴衣(四つ身)を作る Day7

 

本日のメニュー

f:id:tsupiccoro:20180714222637j:plain

 

脇縫い代の始末(耳ぐけ)

前身頃側に倒した脇縫い代をぐるりと耳ぐけします。

※一本の糸で縫ってしまったほうが余計な玉止めがなくて良いのですが、四つ身だと結構な距離になるので、糸が絡まったりして難しそうでしたら、2本とか3本とかに分けて縫っちゃいましょう。

※左脇は裾側から、右脇はDay6で三角に開いた後身頃側の縫い代から耳ぐけを始めます(下図参照)。

※後で裾をくけるときに縫い代を切り取る(参考:赤ちゃん浴衣を作る Day9)ので、裾ぐけ縫い代2cmよりちょっと上ぐらいからくけます。

f:id:tsupiccoro:20180628231543j:plain

 

耳ぐけのやり方

f:id:tsupiccoro:20180523151139j:plain

f:id:tsupiccoro:20180628233045j:plain

f:id:tsupiccoro:20180628233120j:plain

一針目は2枚一緒にすくう

f:id:tsupiccoro:20180628233335j:plain

二針目は布と布の間を通す

 

身八つ口止まりの閂止め(かんぬきどめ)

身八つ口止まりは破けやすいポイントなので、閂止め(かんぬきどめ)で補強します。

(1) 布の表側に糸を2本渡す。

(2) 2本の糸の周りに巻き付けるように糸を何度もくぐらせる。

(3) 巻き付け終わったら布の裏側で玉止めする。

絵が上手に描けないのでわかりにくいと思いますが下のようなイメージです。

f:id:tsupiccoro:20180523151428j:plain

閂止めのイメージ図

f:id:tsupiccoro:20180629000858j:plain

f:id:tsupiccoro:20180629001858j:plain

 

閂止めは、後で袖付け止まりにもします(身八つ口と袖付けどまりで合計6か所)。

和裁っぽい!感じのする縫い方で大好きです♪

 

次回は、裾をくけます。

浴衣のような「ひとえ」の着物はあちこちくけるところがあります。

 

 

記事『こどもの浴衣を作る』へのリンク

子どもの着物(四つ身)を手作り 

こどもの浴衣を作る Day1 生地の下準備・裁断

こどもの浴衣を作る Day2 胸ひもを縫う・丸み型を作る

こどもの浴衣を作る Day3 袖の印付け・袖を縫う

こどもの浴衣を作る Day4 身頃と衽の印付け・背縫い

こどもの浴衣を作る Day5 つまみ衽を縫う・褄下ぐけ

こどもの浴衣を作る Day6 脇縫い・かくしじつけ

こどもの浴衣を作る Day7 脇縫い代の始末・身八つ口の閂止め👈いまここ

こどもの浴衣を作る Day8 裾をくける

こどもの浴衣を作る Day9 衿をつける

こどもの浴衣を作る Day10 衿芯を縫い付ける・洗濯止め

こどもの浴衣を作る Day11 衿先止め・衿をくける・共衿をかける

こどもの浴衣を作る Day12 袖をつける・縫い代をくける

こどもの浴衣を作る Day13 腰揚げ・肩揚げ

こどもの浴衣を作る Day14 (最終日)胸ひもをつける・紐飾り